daylife

自分で振り返る用ライブレポ GOATBED / cali≠gari / FLOPPY / 新宿ゲバルト / メトロノーム など

21.05.30 GOATBED / re come end 5 @渋谷WWW 二部

・ウェアララ発売おめでとうライブ2本目
一時間くらい休憩してふたたび会場へ

・二部は一部より番号よかったので段差上の最前取ってみた
距離は遠くなるけど見やすさは格別だなぁ WWWのいいところ

============

01.瞬間的ポリフォニー(Palate-cleansing side dish)
02.マルジナリア
03.ヰタセクスアリス
04.Yama-Ha
05.UNDERGROUNDERMUSIC
06.雷電
07.DAMNED THING IN THE RAIN
08.Dreamon Dreamer
09.There is strong shadow where there is much light
10.喇叭吹き鳴らし
11.点として散らばって
12.ZHORA
13.ブラウン管シニカルポーズ
14.The optimist sees the doughnut, the pessimist sees the hole
15.JOHNNYRIDE
16.ROSE&GUN
17.原罪から未来へ
18.瞬間的ポリフォニー
19.身体揺らす音楽

==============

・お二方登場。雄次さんは一部と変わりないかな?
石井さんは羽織は同じで、中が白のTシャツ?に、ボトムスもジョガーパンツになってた
髪はセンターパートで外ハネ、後ろは編み込んで1本の長い三つ編みエクステにつなげてた
雄次さんはサイド編み込みで石井さんは後ろ編み込みでユニットっぽい…とか言ったらご本人は嫌がるんだろうか。笑

・palate→マルジナリア この2曲つなげてやるの似合うなぁ👀シームレスだった

・ヰタセクスアリス。これもアルバム版でよりドラマティックになったよね〜
サビの2回目の「ヰタセクスアリス」に入る前の逆再生みたいな音好き

ヤマハも久しぶりで嬉しい〜!
シンセが柔らかくて、石井さんのボコーダーボイスも音はジャギジャギしてるのに和やかに聴こえる

・でUNDERGROUNDERMUSICウワ〜〜〜
一部の身体揺らす音楽protoもだけど声から入るのハッとする

・しかし最初キーがわかんなくなっちゃったらしく
キック入るぐらいまでかな…?かなり怪しい音程をフラフラしてた笑 石井さんも笑っちゃってた
めちゃくちゃトチった時に気まずそうにニヤニヤしてる石井さん、愛しやすい

・その後はいつもの美声パフォーマンスだった
「枯れて尚」から「shake it off shake it BOOM BOOM」でオケが入るまでのわずかな無音、息止めて聴いちゃう
クリック聞いてるとはいえ声と音が一斉に入るの魔法みたいだ

雷電いつもよりアグレッシブだった
「by my troth i care~」でストロボばちばちしてたのかっこよかった…似合ってた…

・下北トーク配信のときに「雷電は戦闘機のことで」「誰かを傷つけそうな歌詞になったからボウイの力を借りて変えた」って言ってて、
それを踏まえると「空から爆音」とか「トム少佐はジャンキーで」とかの由来が分かるようになって楽しい

・ダムシン今日も染みる…
Aメロからサビまでの長い間奏みたいなとこ、じわじわ熱量があがってく感じがする

・今日も鼻がズルズルの石井さん。笑
秀:普通ライブする人ってさ、ステージに立つとなんか分泌されて(←アドレナリンとかドーパミン?)鼻水止まるんでしょ?俺全然なんですよね。
ライブ終わってから車とかでその日のライブ確認すると、結構 ズッ!て音が入ってて。
さすがに音源にする時はカットしますけどね…。

・秀:こんな時期でも集まってくれる方には感謝しています。
そういう感謝を…(雄次さんの方向く)そろそろ振っていこうかな。そういう感謝をさ、どうやったら皆さんに伝えられると思う?どうやって伝えられるかなって、いつも相談するじゃん。
雄:…(顔は見てるけどリアクションなし)
秀:(雄次さんが)いつも知らねーよって言うじゃん。
雄:w(頷)
秀:(笑)大丈夫だよ、俺の言うことなんてみんな信じないから。

・…ってことは知らねーよって言うのは嘘なのか?どっちなんだ?笑

・DREAMON、これもじわじわテンション上がってく
からのstrong shadow ア~ これも葬式で流してほしいです
そもそも「光が多いところは影も強くなる」ってタイトルの世界観からしていいよね 歌詞も未来がなさそうで

・喇叭はライブでやるたびにアップデートされていって楽しい
コーラスの人数増えたし、「標的をいつも探してる」にメロディがついたし、アウトロが増えてドラマティックになったし
アウトロ、下北トーク配信で「もうちょっと盛り上がれると思ったからトラックもらった後に足した」って言ってたけど
確かに今proto版を聴くと物足りない 進化したんだなぁ

・初披露からライブで成長していく様子を見て、完成形がパッケージされたのなんか感慨深い 子供の成長見てるみたい笑

・点散ら。うわ~きた~即死
イントロ流れた瞬間に心がじーんてする
今日も「僕たちは願うだけ」の声が美しかった

・ZHORA→ブラウン管→ドーナツ。え!!??最高なんですが
ブラウン管とドーナツ、個人的GOATBED踊れる部門ランキング1・2位なので立て続けに聴いたらそりゃ死にます
その前は点散らだったしなんなんだこのセトリ…2部も来てよかった…とほけほけしてたら低音の「ジョニーライッ」でふたたび即死

・秀:お・れ・だ・け・ジョニーライドって感じですね。
皆さんももっとジョニーライドしてくださいよ。(←結構手上がってたけどまだ不満だったのかしら。笑)
早く色々落ち着いて、みんなでアンチクライストできるといいですよね…。あ、そういう(宗教的な)んじゃないですよ。アナーキーインザUKの方です。
アナーキーインザUKも(言葉の意味としては)あんまり言わない法がいい気がするけど…。♪I am a anti-Christ(Anarchy in the U.K. / セックスピストルズ) の方です。

・秀:あと4曲なんですけど…。
\……/(←再:ええ~って言えないので黙るしかないファンたち)
秀:…。俺、カリガリってバンドやってるじゃないですか。最近ライブやってて…地方とかも行ってて…終わったら毎回楽屋で言うんです。「私はもぉだめです。」(←口調が青さん。笑)って。毎場所毎場所…。

・「もうだめです」は客席からレスポンスを引き出せないことについてだと思うし、石井さんも「あと4曲なんですけど」のレスがないからその話を出したんだと思うんだけど
発声禁止だと肯定の拍手とくすくす笑いしかできなくて、否定のときは黙るしかないってこと分かってない…のか!?笑
「あと4曲なんですけど」で拍手するのもなんか違うじゃんね、えぇーボタンがほしいよ

・秀:これからもいろんな挑戦をしていこうと思います。あとは鼻だけですね。
鼻炎の薬はね、ボーカリストはだめなんですよ。口の中が乾いちゃうから。
誰か…ステージに出てきて早々、鼻にタオルを突っ込まなくていい方法を考えてください。(←投げた)

・秀:今回のアルバムはサトシくんが参加してますけど…
今までたくさん曲作ってて、曲はいくらでも作れるんですよ。でも大切なのは中身じゃないですか。なんか一歩踏み出せないなぁって思ってて。
一言で言うとひよってるんですよね。
\……/(←そんなことないよって言えないので黙るしかないファンたち)
秀:そこ無言だと辛いんですけど。笑
でも、今回サトシくんが曲を作ってくれたことで、軽々と一歩超えていくアルバムになったと思います。
GOATBEDっていろんな形態があるじゃないですか。(雄次さんの方向いて) おもしろくない?アイドルならまだしもさ、他の人の作った曲を自分の曲として歌うっていう…どう思う?
雄:…(顔は見るけどリアクションなし)
秀:知らねーよって感じだよね。
雄:…(同)
秀:他の曲についても知らねーよって感じだよね。(立ち位置に戻る)
…ギリギリ兄弟でよかったなと思います。

・「あと4曲はベタベタなのをやります」でなんとなく想像はついたけど笑、ROSE&GUN
多幸感あるしお客さんは手あげるし締めにふさわしい曲よね

・続いて原罪から未来へ、これもライブ初披露だけどかっっっっこよすぎない!?
音源からかっこいい曲だとは思ってたけどライブではいっそうよかった…
最初はメロディアスで軽やかに、「代わりに手を伸ばせば」からはリズムが重く低く、開放的なサビ、
「身に纏った苦悩が~」は4つ打ちでスピードがあり、ころころしたシンセの間奏は浮遊感があって、
音がぐっと集まってサビの「the world is closing~」…いや~~終始かっこいいに尽きる 曲に感情を振り回される

・瞬ポリ。あれっ ベタベタな4曲って言うから最後だとばかり
これはもうめっちゃ盛り上がるよね〜

・2部は後ろで見てたからたくさんの手が上がってるの見えて楽しかった
「明日も明日を〜」のサビでもかなり盛り上がるのに、その後の「let's make it up」アー♪でさらに会場が熱くなるの、ライブだ!って感じがする

・「靴を鳴らして踊ろう」のところは配信カメラに向かってダンダン!てやっててお茶目だった
そういえばこの日はあんまり配信向けのパフォーマンスしてなかった iPhone配信じゃなくてちゃんとカメラ入ってるからかな?

・そしてアウトロの途中で拍手が始まって曲と一緒に消えてくのがしみじみする
お客さんのアクションも曲の一部みたい

・で最後の曲なんだろうと思ったら 身体揺らす音楽アルバムバージョン!なるほどね〜

・どちらかと言うと始まりの曲だと思ってたけど
下北配信の時に「個人的にかなり高まる曲」って言ってて、
終盤のトゥルットゥと〜の合間にアーゥ!的な声も入れてて(後で聴いたらアルバム版がそういうアレンジだった)
なるほど高まるってこういうことか、と思った

・よく考えたら最初は静かに、キーも低めで始まるけど
Bメロ→サビにかけてどんどん盛り上がって譜割が複雑になって、終盤は結構声張って歌ってるもんね
最後に向けての1曲の流れがしっかりしてる気がする

・あとラスサビ前の「歌うね」が「歌、う、ね〜」ってゆっくり切るようになっててエモーショナルだった(これもアルバム版がそういうアレンジだった)

・最後は「ありがとうございました」でみんなで拍手してお二人はけ。


・そんなこんなで、ちょっと迷ってたけどどっちも参加して正解のライブだった 充実だった…!
全曲違うとやっぱり全部聴きたくなっちゃうね

・そして改めてウェアララ流通版たのしい
通して聴くと文学っぽい言葉選びが多いアルバムだと思った
ヰタセクスアリスとかコミュニカシオンとか、ハダリーとかヴェーザー川とか
知らない言葉が多くて、調べるとその前後の言葉の意味もわかったりする

雷電なんて調べたら速攻戦闘機出たのに調べようともしてなかったや…怠ってたな

・あと歌詞カード見て気づいたけど歌詞の切り方めちゃめちゃアグレッシブだね?
コミュニカシオンとかびっくりした
「鮮明な空想としてある君は何度も振り返り
あの忌み嫌った場面を読み 見知ったように語り」
がサビっぽい感じで書かれてるのに
「(Bメロ)鮮明な空想としてある / 君は何度も /
(ここからサビ)振り返り あの忌み嫌った / 場面を読み /
見知ったように語り / 」ってめちゃめちゃフリーダムだな
最終的な音数だけ合ってれば途中の区切りは自由なの、現代俳句を思い出した

・2枚同時購入特典のデスラッシュもずっと音源ほしかったやつだし、しばらくはリピートが止まらなそう🥰味わいつくすぞ〜!