daylife

自分で振り返る用ライブレポ GOATBED / cali≠gari / FLOPPY / 新宿ゲバルト / メトロノーム など

21.05.16 Plastic Tree / Peep Plastic Partition #8 トレモロ @zepp tokyo

・もちろん雨(知ってた)

・この日は緊急事態宣言でヴィーナスフォートダイバーシティーも休業中…
ヴィーナスフォートは時短営業中も閑散としてて切なかったけど

・消毒、検温、セルフもぎり、ドリンク交換
席は前回と同じく2連席、1席あけ、2連席…だった
緊急事態宣言ゆえに収容人数50%以下で開催って言ってたけど
そもそも椅子置いた時点でキャパ半分になるから、2連席でも問題なかったのかな?

==============

1.crackpot
2.トレモロ
3.「月世界」
4.曲論
5.十字路
6.アローンアゲイン、ワンダフルワールド
7.37℃
8.瞳孔
9.潜像
10.スロウ
11.最終電車

EN1
12.パノラマ
13.祈り

EN2
14.MayDay
15.トゥインクル

==============

・メンバー一人ずつ登場
ケンさんは黒シャツに白ネクタイ、髪はところどころ跳ねさせててぴよぴよしてる
正さんは長めの黒シャツ?で髪はふんわり盛ってる 伸びましたね
アキラさんは黒シャツで髪切ってる?後頭部すっきり丸くて頭のラインが綺麗

・そして一歩遅れて出てきた太朗さんは骨の羽背負ってるーーーー!!??
シルクハットもかぶってるーーー!!??
トレモロの名を冠すからにはちょっと衣装寄せてくるかな~とか思ってたけど羽は想定外だった
しかも当時の羽は抽象的な形だったけど、今回のはもっと本物の骨に近くてより不気味だった
シルクハットは挨拶するように早々にトリ

・ちなみにこの日の席は太朗さんがセンターいると微塵も見えなかった…(^^)ライブってそういうもんよね

・暗転してcrackpot。意外!ここで聴くとは
続いてトレモロ。表題曲持ってくるのはや!
トレモロのギソロ、歌うようなメロディで好きなんだ 生で見れて嬉しい

・ここでVJがパペットシアターみたいな映像に。木版画調のステージに、吊られたペーパームーンや雲、紅色のカーテン、ソファ、めちゃめちゃかわいい

・「月世界」ではパペットシアターのカーテンの向こうに月面の映像が
さらにスモークが焚かれて、メンバーの足元が見えなくて浮遊感があった
ブルーとオレンジ、シアンとピンクみたいな不思議な色合いの照明でちょっと幻想めいた空気

・しかも最後のサビで突然炎が!!
ステージ前方に4台、後方に4台かな?松明みたいな炎がメラメラしてた
月世界ってふわふわした曲の印象だったからびっくりした

・太朗さんいったんハケ

・正:Peep Plastic Partition #8 トレモロ、はじまりました。
みなさんもすでにトレモロの世界に浸ってくれていると思いますが、引き続き楽しんでください。

・太朗さん帰ってくる、羽なくなってる

・竜:やぁ。やぁやぁ。やぁやぁやぁ。
羽は返してきました。
今日のテーマであるトレモロは終わってしまいましたが…
Peep Plastic Partition #8 トレモロ、はじまりはじまりー。

・「曲がった思想を論じております」だったかな…?で曲論 ヤッター!好き!
イントロ・Aメロのカッティングとスネアを経て、「ぐんにゃりぐんにゃり」でリズムがゆったりになるの曲と歌詞が合っててすてき
VJは昔の海外の映画っぽい女性や子供の顔や抽象的な何かで、ゆっくり回るピンクのライトが悪い夢みたいでよかった

・てかこの曲、楽器隊の特徴的なフレーズが多い
イントロのアキラさん、Cメロ後のぶぉーんの正さん、「かくも長き不在」のツーツードコドコのケンさん、全部見入っちゃう

・続く十字路は攻撃的でかぁっこい~~~~
ケンさんがずっと力強く叩いててめっちゃ勇ましかった テンポ早いのと音が強いからかな?いつもより一打に力を込めてるように見えた

・zeep tokyoの照明はKTzepp Yokohamaより色数少ないみたいだけど(※個人的に前回のPPP Ghostの照明がツボだった)この日も切り替えが神がかってたな
「真っ赤な目で~」でステージ一面が真っ赤になり、その後のデレッデーで四方八方に向いたストロボがばちばちしてたの最高でしびれた

・そしてアロアゲ え~突然しんみり 胸が痛む
VJはPVみたいな、ゆっくり回るモノクロの屋上で余計に切ない

・が、歌いだした太朗さんの音程がちょっと怪しい
原曲キーより半音か一音低いところをふらふらして、正しい音程を探すも見つからず、どうすんのかなと思ってたらドラムが入るタイミングで止めた笑
そのまま「ちょっと待って」の手して上手にハケ

・ア:放送事故みたいになってる…笑
正:いや。演出かも?
ア:あ。ちゃんと読んでたから俺はびっくりしなかったけどね、台本を

・太朗さん戻ってきて、通りがけに「ごめん」て感じでアキラさんの背中?ポンと叩いてセンターへ

・ア:じゃ、台本どおりで。

・でもう一回やり直し こんどは一音目からちゃんと原曲キーだった笑
しかし普段MCしないのにこういう時は積極的に場繋ぎしてくれるアキラさん…好き…

・Aメロのギターとドラムだけのところ、ケンさんとアキラさんがアイコンタクトしてリズム合わせてるのよかった
最初はアキラさんが一人で一定のリズムで弾いてたけど、ドラムが入ってからはケンさんが強めにリズム叩いてあげて、アキラさんがそれに合わせてる感じだった

・プラってケンさん以外基本クリック聴いてないんだよね?未だに半信半疑なんだけど
この規模になっても極力バンドの音だけでやろうとするのがプラなんだろうなあ
クリック聴いた方が音は揃うけど、音が揃うことにあんまり意味はないのかも たまに音がずれたりするのも含めてライブとする、というか

・37℃はピアノ伴奏つきだった ノムさんかな?
パペットショー風のステージにピアノ合うなあ

・正:トレモロを作ったのは…1999年?
竜:1999年。
正:当時はノストラダムスの大予言を信じてたんですよね。何も起きなかったけど。
何か起きてほしいわけじゃないけど、ざわざわした年でしたよね。
それから大分時間が経って…またこの曲でライブができるのはみなさんのおかげです。ありがとうございます。

・瞳孔→潜像。うわ~この2曲つなげるのいいなあ
なんとなく雰囲気が似てる 音はロックで疾走感があるけどほんのり悲痛な感じ

・瞳孔、イントロのゆらゆらしたギターが好き
あと音がやんで、太朗さんが大きく息を吸って、「夜みたい」で一斉に音が入るところ バンド!って感じがする
VJはガラス片が飛ぶような映像だったんだけど、さいご音が終わるのと同時に四方に飛び散ったのよかった 壊れちゃったんだなあ、って

潜像はいつもアキラさんが楽しそうな気がする ウッ好き

・スロウは胸が締め付けられる…
これもイントロのディレイかかったギターが好きだなあ たゆたう心地がする

・竜:今日は僕たちの変な夢に付き合ってくれてありがとうございました。
最後の曲です。一緒に帰りましょう。最終電車

・てことで最後は最終電車
ミラーボールが回ってたんだけど、VJがまっすぐな線路の上を進む映像だったから夜の車窓で流れていく街の明かりを見ているみたいで切なかった
あとこの曲アキラさんキーボード弾いてるのね!手元凝視しちゃう

・最後の「最終電車はもう夜の端っこにたどり着く」で、VJの線路も端っこが見えてきて、暗転、古い映画みたいな筆記体の「The End」が出て本編終了
今回特に早かった…もう終わるんか!って思った

==============

# アンコール1

・明転してメンバー登場、太朗さんふたたび羽しょってる!

・アンコール1はパノラマと祈り
どっちも今回の雰囲気に合ってると思った
祈りではまた炎の特効が出てて、ゆらめく火柱の向こうでベース弾いてる正さんがかっこよかった

==============

"" # アンコール2

・おなじみ佐藤劇場から。笑

・ケ:今日、ちゃんとした雰囲気ですよね。ふざけていいのかなって思った…。
さて、今日も巻きでと言われたので。
前回キャッチフレーズつけてたじゃないですか。ハッピーゴーストだっけ?(※詳しくは当該レポをご覧ください)
それで今日、スタッフさんに「今日はキャッチフレーズないんですか」って言われたんですよ。おぉ、無茶振りだと。今からライブ始まるのにと。
それで考えてたんですけど…1999年にできた曲だから、バック・トゥ・ザ・1999!
\……(反応に迷う客席) /
ケ:だめか…笑
\www👏👏👏/
ケ:(笑) 優しかねぇ。
あ、巻きって言われてたの忘れてた。
今日も最高でした!!楽しかったです!!

・正さんアキラさん出てくる。

・正:キャッチフレーズ、言ってたね。ハッピーゴーストだっけ。
ケ:スタッフさんに言われたんですよ。ライブ始まる直前に…。何かありますか?キャッチフレーズ。
正:うーん…急に言われてもねえ。
ケ:そう、急なんですよ。
正:(チャットを見る) あ、もう出たんだね。バック・トゥ・ザ・1999…
ケ:それはあんまり反応が(よくなかった)…。みんなマスクの下で苦笑いみたいな。
\(笑)/

・このあたりで太朗さんも出てくる

・竜:バック・トゥ・ザ・1999。流行らなそうな言葉ですけど…
ケ:(ドンドン)(←キック)(←ただの相槌かもしれないけど、タイミング的に「流行らなくないよ」みたいな反論に聞こえて笑った)
竜:(振り返る、戻る)…流行るんですかね?
ケ:(頷)

・竜:アンコールですよ?
今日は何月ですか?声出さなくていいので、手であらわしてください。
\🤚/
竜:…5月🤚。
テレビの前のみなさんも一緒に…ggg…ごがつ!🤚

・でMayday、ヤッター!
ケンさんがシンバル叩いて止めるのが好き

・照明も7色のグラデがどんどん切り替わって派手だった
そしてキメのところでストロボたかれるとテンション上がるよね…

・竜:まだ終わりたくないですが…今日はいい夢が見れそうです。おやすみなさい

トゥインクル。じんわりあったかいラストだ…好き…
歌詞が優しくて可愛くてちょっぴり悲しくて、歌声に耳をすませてしまう

・曲終わって正さん、アキラさんはさらっとはけ
ケンさん太朗さんはそれぞれかみしもにお手振り
真ん中でぶつかりそうになって、お互い手広げておっと!ってしてるのおちゃめだった

・最後はマイクなしで「また来月!」だったかな…?


・てことでトレモロの世界観に浸ったライブだった~
周りの古参海月は羽太朗さんに目頭押さえてた 「あの頃の竜太朗だ…!」みたいな

・あと全体的に太朗さん色が強かった
初期プラ=太朗さんの世界観に近いのかな?

・そう思うと正さん、アキラさん、ケンさんをフィーチャーした回も見てみたい
フィーチャーされた人が作詞or作曲したとか、目立つパートがあるとか、気に入ってるとかの曲だけでセトリ組むの
正さんはパンク・ロック系が多そう、アキラさんは打ち込みが多そう、ケンさんは変拍子が入ってきそう…とか考えると楽しい
PPPがいつまで続くか分からないけどどっかで検討されるといいな~ 来月もいくぞ!