daylife

自分で振り返る用ライブレポ GOATBED / cali≠gari / FLOPPY / 新宿ゲバルト / メトロノーム など

110322 GalapagosS, Divitron / Joy Ride vol.89

f:id:ketamura:20170107011613j:plain

f:id:ketamura:20170107011624j:plain

絵ではメロイックサインにしてしまいましたが
実際はキツネ手でした。間違えた。

順応…最初は手あげてるだけだったのに
一瞬目離して戻したら全員キツネ手になっていたという。

 

f:id:ketamura:20170107011632j:plain

#GalapagosS

写「こんばんわー!!!!!」
(割れるほどの大声にお客さんびっくり)
写「あ、びっくりさせちゃった?こんなテンションで行くので。もう一度!!
こんばんわー!!!!!
ガラパゴスですイェー!!(キツネの手 ×メロイック)
今日は、divitronのイベント…
…と言われているイベント、にお招きありがとうございます。」

写「こんな状況で、色々、考えることもあるんだけど…
おいら、もともとふざけた人間なので、
ふざけるくらいしかできませんが…
それ見て笑ってもらえれば…
"ははっ、あいつバッカだなー 何歳?(鼻で笑う感じ)"とか思ってもらえばね。
上から目線の優越感を、覚えてってもらいたいと思います。笑」

写「今日はエコモードなので…
節電モードのライブも考えてたのね。
こんな(座ってる感じ)のとか。to be continuedみたいな、岡田的な。
こう(髪かきあげ)やってさぁ。笑
音でないなら出ないで、生音でやればいいかなって…バッテリーもあるし。
まぁ、今日は、おいらにとって機材を減らしたことがエコ、ということで。
光るのは、ステージ上の…俺たちだけで、いいんだぜ?(棒読み)
みたいなね!笑
みんなね、終わったら、ツイッターとかに
"ガラパゴス、光りすぎてて節電できてねーよ!!"って
#GalapagosS_setsudenとかで書いて…
みんな、そうやって、人を鬱にすればいいじゃない…!!笑
や、あんまやんないでね!笑。」

・写「じゃあ、次の曲に、
あっ 告知をしてない!」
ゴ「してないしてない。
えーっと、4月に、アルバムが出ます。4月20日。
6曲入りが5曲になって…節電モードで。
値段も安くなったよ?笑
あと、来月ツアーが、あります!
(話が続くか区切れるのか曖昧だったのでまばらな拍手)
拍手していいんだよ!
そこは節約しなくていいんだから!笑
もっと盛り上がっていいから!
えっとね、こんな状況だけど、俺は
今日ライブができてよかったと思います。
ライブがしたくてしょうがなかったんだよね。
ロッカーだからな!!(棒読み)」
\フゥー!!/
(写ーさんもそれに乗ってアゲてた気がする)
ゴ「もういいよ!気持ちよくなってきちゃったんで 笑」

写「次のはまったりした感じで、聴いてください。」(→meta色)


#Divitron (お披露目ライブ)

清「こんばんわ、Divitronです。
…生まれたて、です。
こんなメンバーでやってます。
えっと、まだ生まれたてで…地に足がついてない、
ふわふわした状態なんですけど、こんな状況で…笑」

清「あ、メンバー紹介します。
(サンノヘさんの方を見てフリーズ)
…何て言ったらいいんだろう…笑
…すごい人!サンノヘさんです。シゲトロンです。
それから、Divitronのリーサルウェポン、ティルさん。ティルトロンです。
Divitronの色々をまとめてくれる、新太郎くん。シンタロンです。
…そして、僕です。笑」

清「今日、初めての人ー?」
(Divitronは当然みんな初めてなので、他に初めてがあるのかとまごつく会場)
サ「みんな初めてだよ?」
清「…そうですよね。笑
久しぶりにコメ食べたから、まだ頭が…起きてなくて…
そう!うちの近くのスーパー、コメ買えるようになたよ。
(なったよじゃなくてなたよって聞こえた)
…初ライブでコメの話はどうかと思うので、この辺で…」

清「次のライブは、5月8日…僕の誕生日なんですけど。」
\おめでとー!/
清「ありがとー。」
サ「まだだよ!笑」
清「えっと、2マンになってて、
どんだけ自分の首を絞めるのかと…
でも、こんな状況で生まれたバンドだからこそ、大丈夫だと…思わないが」
\思うー!/
清「思わない”が”!
思わない”か”じゃないよ。そんな調子乗ってないよ!笑」

清「あとdivitron、初ライブなのに、CDが、出ます。
デモがー、3曲。さっきやった曲と、1曲目のと、
次の曲が入って…700円くらい。
よかったら買ってください。」

清「あと言うことは?」
新「タイトルは?」
清「あっ!
…じゃあ、×××(忘れちゃった カタカナの長い単語)の新太郎くんお願いします。」
新「×××って何?」
清「広告係みたいな感じ?…知らんが。笑」
新「えーとね、…1曲目?次の?」
サ「次の」
新「次の曲が、伝言ゲーム?してったら、違うタイトルになっちゃって…」
清「time of lightってのがtime of lifeになっちゃったんですよ。」
新「どこで間違えたんだろうなぁー。俺も間違えてたんだけど!笑
まず俺がlightをライ・T・E(lite)にしちゃって。軽い方の。
で、それを受けた人が、なぜかlifeにしちゃったみたいで…」
清「…生活感溢れるかんじで…
time of lifeって…光陰矢の如しみたいな!! そんなタイトルにしないよ!!笑
じゃあ、次…Time of Life。笑」

清「曲を作ってる時に、みんなのラフをいじるんだけど、
おいらがいじると分かりにくくなるんだって。
分かりにくくなるって、怒られた…。笑
次は、そんな、怒られた曲です。」

清「次の曲は、名曲です。自分の曲だけど。笑
なんか、人のラフを触らせてもらうじゃない、
そうすると色々乗せたくなっちゃって。
まだこんなに引き出しあったんだーって、よっしゃーって思うんだけど
自分の曲は自分の曲なんだよねー。」